++yue's Diary++

++今までの日記++

2001年9月の日記

2001年9月2日(日)
空からの贈り物
2001年9月11日(火)
私の欠点
空からの贈り物

今日は、息子の18歳の誕生日。
でも、午前中パソして午後は塾に行く息子。
午後父母と姉は、呉に出かけるし
いつもと何も変わらない日。

夕食後、やっぱりこれじゃいかん!と
この父母は、歩いてAVANSEまで行き
CLARKS CAFEでケーキを購入。


10時ごろ帰宅した息子に
好きなのをおとり?というと
「残ったのでいい」という。
肩透かしを食ったようだが、
即座に「じゃあたし、イチジクのショートね」と取る姉に、
思わず「あ、私もそれ〜〜!」と言ってしまう母。

彼は何も言わず、残ったザッハトルテを黙々と食う。
ソノ哀れさに、母は思わずイチジクの一切れを
息子の皿に添えてやる。

なんだ、これって誕生日にかこつけて
みんなでケーキ食ってるだけじゃん…(T_T)

彼への誕生日プレゼントはやはり
空がくれたすばらしい夕暮れだけだったか…
2001年9月2日(日)  No.16

私の欠点

数多くある私の欠点のうち
はた迷惑でおまけに自分も困ってしまうものがある。

証拠写真(上)
これである。
「毎朝、パンを焦がす!」

家族3人には、
「学習能力がない!」と糾弾されつづけていると言うのに
今朝もこれである。(T_T)

どうもオーブントースターにパンを入れた後
ダイアルを回すのを、意識していないらしい。
(だって全然覚えていないんだもん)
それでいつも多く回してしまうのだ。

トーストなら
「大丈夫よう、ほらこうして
ナイフの刃でこすれば、オコゲは取れるし…
ほ〜らもうわかんないでしょ?」と
言いくるめて食べさせていた。
しかし今はこの手が利かない。
息子に「こげた匂いがする」と冷たく言われてしまう。

おまけに今朝は、補修不可能なクロワッサンである。
一番上の皮をそっととってもだめだろうな。

自分でも嫌だなあ…って思うのよ。
(なら何故気をつけない?)
…あ、いま息子の声が…

あと残った手は、
1.私以外の人間がパンを焼く。
2.トースターのつまみを3分以上に回せないようにする。
3.「トースト1枚」というサーモつきの
   新しいオーブントースターを買う。

ん〜〜やっぱり3.番かな?
また、カタログのスペックを眺める日々が…?
2001年9月11日(火)  No.15

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00