++yue's Diary++

++今までの日記++

2003年11月の日記

2003年11月11日(火)
明かり…
2003年11月15日(土)
白い割烹着
2003年11月18日(火)
到来もの
2003年11月21日(金)
ランチタイム
2003年11月30日(日)
年末恒例(?)泥縄手芸
明かり…

昨日のTV撮影には、あかりがテーマのものがあった。
今まで私が作る明かりは、
行灯がたのものが基本だったが
今回、クリスマスイルミネーションライトを使って
遊び心の明かりを作った。

これはそのうちの一つ。
何のことは無い小さな丸テーブルに
20球のライトをセロテープで止める。
それだけで、ちょっとしたデコレーションテーブル。

何かのイベントに
その日だけの室らいをする時にしか向かないが、
光は、みるだけでも美しく
ひきつける物があるなあ…と感じずにはいられない。

とはいえ、真っ白いインテリアの撮影現場で
明かりを撮影するには、暗がりが必要で
カーテンを閉め照明をすべて消して…
道行く人は、
(大勢で、息をひそめて何やってるんだろう?)と
思ったに違いない。
2003年11月11日(火)  No.123

白い割烹着

いまどき白の割烹着なんて、ほとんど見ることはありませんね。
でも、お茶会の準備やしまいでは、着物姿での仕事になるので
当然割烹着は常識です。

こうして御道具をしまい、掃除する姿は若いお嬢さんでも同じ。
そこはかとない懐かしさとうきうきするような
「若奥さん」なんて言葉が出てきそうな世界が見られます。

今日のお茶会は雨で人出も少なめで
ゆっくりとした会になりました。
私も幸いなことに行き帰り共に雨にもあわず
先日の衝動買いの着物が着られました。

もちろん私も白い割烹着でお片付けをしました。
着物で割烹着を着ると割烹着の袖の部分がたっぷりとして
袖のゴム口から手が出てる感じ…あれっていいと思いません?
私好きなんですよ。
2003年11月15日(土)  No.124

到来もの

夕方玄関のピンポンがなったので出てみると、ご近所のSさんが、にこやかにケーキの箱を持って立ってらっしゃった。

何でもおうちでケーキのプライベートレッスンを始められたらしい。今日はその初めての日で今日の作品「モンブラン」をおすそ分けに来られたのだ。

定期的な教室ではなく、生徒さんと彼女のスケジュールをあわせて臨機応変に開くとのこと。お持ち帰りのケーキとその場でテーブルセッティングしていただくケーキとダブルで楽しめるらしい。バースデイケーキならその前日でも当日夕方でも、スケジュールが会えばOKなのだそうだ。
うわぁおぅ!こんな近くにこんな人がいらしたなんて!!

早速、お食後に頂いた。
上の栗のペーストも美味しかったが、なんと言っても一番下の土台のケーキ(というか表面さくさくの中ふんわりしっとり)がとても美味しかった。
是非、今度参加させていただこう!と思った。
(でも 今度っていつ?いっぱいいっぱいの私…)
2003年11月18日(火)  No.125

ランチタイム

近所に住みながら、なかなかゆっくり話すことも無かった二人の友人と、思いがけないことでランチを一緒にした。
近所に出来たパン屋さん、パスタランチを頂いたけど、味もなかなか…

それぞれ身近に年寄りを抱えた嫁・娘同士、共通する悩みや笑い話で盛り上がった。
いろいろあるけど、皆精一杯やってる。そのことを笑顔で話せるこの場が嬉しい。
「ときどき、気軽にこんな息抜きも欲しいね、また来ようね」と話して御開きにした。
2003年11月21日(金)  No.126

年末恒例(?)泥縄手芸

まったく、懲りないとはこのことで
明日の撮影に、おととい思いついて
昨年のPUNTOさんのワンデイで習ったオーナメントを
急遽数多く作る事になった。

急いで急いで!

一緒に習った方は、このアップに
「あれ?あの部分はなし?あそこは確か金糸で?
ベルも付いてたはずだが???」とお気づきのことだろう。

できないできない!
あれも省略これも省略

おまけにお仕立てはPUNTOさんまかせだったので
どうやって縫おうか?と、5分間考えて
タックをとった裏布を一緒に縫い
重なり部分をハサミで切り開いて表に返した。
(↑この説明で、ちゃんとわかる人は偉い!)

このあと、やはりテーブルコーディネートに使う
深い緑のナプキン4枚の縁を縫わなくちゃ……

ああ、こうして私の11月は終わった。
2003年11月30日(日)  No.127

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00