++yue's Diary++


2003年12月の日記

2003年12月2日(火)
今年も最後の月…
2003年12月22日(月)
迎春の葉牡丹
今年も最後の月…

いよいよ12月になりました。
あれもこれも出来ていないのに…
思いばかりが先を走り回っています。
この調子で年の瀬を迎えるのでしょうか。

さて、昨日のTV撮影は、
わがBBS常連の皆様はもとより、
ご町内のかたまで巻き込んで大騒ぎのうちに無事終わりました。

ひよこさん、あの、パリのケーキ
まねさせていただきました。
*「トナカイの角のケーキ」*
ご近所のお菓子作りの上手なminakoさん(日記11月18日出)に
無謀にも写真を見せるだけで作ってもらいました。
たいそう、ご苦労されたようですが
角はメレンゲにチョコレートコーティング、
ブラマンジェにフルーツのゼリーを載せて…

m's GROWNのABダンナさま作のトナカイも出演。
スタッフの「少年ごころ」をくすぐるらしく
ずいぶんたくさん撮られてましたよ。

クリスマスカードは、BBS常連の皆様のご協力で
本当にたぁ〜くさん集まりました。
お陰で思う存分イメージどおりに飾ることが出来ました。
JARAとチョメさんの送ってくれた封筒は、二人の筆跡が
混ぜ混ぜで二人で一緒に梱包してくれたのかな?と
楽しく見ました。
PUNTOさんのカードはコレクションというだけあって
質・量ともにスーパーなカード群でした。
夢中で選ばせていただきました。

皆様にも愛を込めて、クリスマスのお祝いを申し上げます。
2003年12月2日(火)  No.128

迎春の葉牡丹

最近の葉牡丹はすごい。
かつてのイメージは、門松のねじめ、正月のいけばなの定番
冬花壇の彩り…それもただ、形が派手で寒さに強い(ここが一番!)
それがために重宝されていた、という感じだったが。

この画像をご覧ください。
薔薇のアレンジメントではありません。
れっきとした葉牡丹の寄せ植え。
この繊細さはいかが?

葉の形も、孔雀という切れ込みの多いもの、
丸い花びらのようなもの、縁がフリルしているもの。
それに1本の茎に4〜5個の花状の芽があるものなどは
ほとんど「ブーケ」といえる世界。

この寄せ植えは、鉢を私が選んで
「これにぎっちりした感じでお願いします」と「てるさん」注1に依頼したもの。
電話で「24〜5こ植え込みました。」と聞いて
「え?え〜!そんなに入りましたか!」と叫びましたが
実物を見て納得…わざと葉の緑のものを取り除けてあるのです。

ほんとに最近の葉牡丹はすごい…
12月最後の放送予定のアイテムでした。
2003年12月22日(月)  No.129

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00