++yue's Diary++


2004年1月の日記

2004年1月6日(火)
向春
2004年1月11日(日)
家元初炉
2004年1月21日(水)
pink
向春
誠に遅れましたが
皆様、明けましておめでとうございます。

いやぁ〜、今年の年越しは働いた働いた!
思い起こせば先週の日曜日(12/28)から丸一週間。
家の中を片付けに片付けましたね。
年末を越して元旦までゴミ袋を傍らに
一生懸命動いてました。
結局40リットルのゴミ袋7個分のゴミ。
新たに付いた棚2箇所。(これはだんなの仕事)
適宜配置した小さな照明器具5箇所。
久々の玄関のしつらいリニューアル。
勝手口もすっかり変えました。
物置へ移動したものもたくさん。

さてさて、いったいいつまで
この状態が持続するものか…

それもこれも、2日に客を迎えるためでした。
私の作った華麗なタイムテーブルで11人が動くはずでしたが
残念ながらあの日だけ雨模様で
急遽計画変更、ちょっとだけ華麗な一日でした。
が、しかし、やるだけやったという充足感で満足。

3日は夜6時過ぎから、家族4人で
映画「ラストサムライ」を見に行きました。
映画館ではお約束ってもののポップコーンビッグサイズを
娘とわけっこして、ほおばりながら
(やっぱり渡辺謙ってにらまれたら怖い…)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、
片付けはまだ終わっていない。
実は2階がまだなのだ。
え〜〜ん、いつまで続く?
2004年1月6日(火)  No.130

家元初炉

お正月初めての大きなイベントは
習っている煎茶のお家元での初炉である。

お稽古はじめで教室でも初炉はするが
お家元でのそれは、やはり気分も引き締まるものがある。

今日は、実家の母と私、娘の親子3代で出席。
前日の練習では、たかをくくって私が娘の振袖を着せてみたのだが
どうもいまいち…ひよこさんに電話でアドバイスをお願いしたら
当日の朝、着せてくださるとのこと。
喜び勇んで今朝御邪魔した。

帯結びも簡単で華やかなやり方を教わって
なっとくなっとく…
(ひよこさん、本当にありがとうございました。)

御茶席では、振袖娘は結構人気で
たくさんの先生方に声を掛けていただいた。
立ち振る舞いもまあまあ
おしのぎを頂く時もこぼさずにいるし
今日は及第点かな?
と思っていたら、
最後の最後、やってくれましたね。
立ち上がる時にお袖を踏んづけて「ピリ…」!
…私のお古だし、十分元が取れるほど着尽くしているからまあいいけど。
帰ってからお針(初)仕事かい…

私は、この前造った小豆色の無地に
刺繍えりをあわせて見ました。
ちょっとお地味でした。

ところで、毎年初炉では
最初にくじを引く。
おしのぎを頂いたあとに開いてみるのだが
今年は「福禄寿」の一文字ずつが書かれていた。
寿は残念賞の懐紙、禄はお家元の書の短冊、福は同じくお家元の書の色紙
だったのだが、私が禄を当てて、同じ社中の方が福を当てたので
これはなかなか春から縁起が良かった。
来週のお稽古場での初炉で、床に色紙掛けで飾ることになった。

来週からいよいよすべてのことが
お正月が明けて通常に戻る。
2004年1月11日(日)  No.131

pink

多忙を言い訳にご無沙汰していました。御久しぶりです。
こんな時だからこそなのか、叔父が亡くなり昨日は御葬式でした。
葬儀のあと、骨を拾う時の話をちょっとしたいと思います。

叔父は97歳でしたがかくしゃくたるもので、
昨秋まで自転車に乗って横川の自宅から
紙屋町でも八丁堀でも出かけていた人です。
明治・大正・昭和・平成という4つの時代を生きた人だからか
しっかりとした骨が残ってました。
職員さんが「この年齢でこんなに骨が残っているのは珍しいですよ」
と、まるで解剖実習で説明する先生のような調子。
「これは上あごの骨」「耳の骨まできれいに残ってますね」など、
話を聞きながら拾骨しました。
後ろで「やっぱり自転車が良かったんだ」とささやく親戚もいて
(いや、それは順序が逆)とは思いましたが…

病弱な叔母が喪主を務めたのですが
娘たちに寄りかかるようにいつもしている人が
しゃんとして最後の拾骨を終えました。
叔父の骨を褒めてもらえたようで嬉しかったのか
ちょっと得意そうな顔でした。

体の悪いところの骨は黒く残るというのは嘘だそうです。
お棺に入れたもので燃えにくかっただけでしょう。
ガラスのものを入れると、中で溶解して骨と混ざってしまって
拾骨できなくなるそうです。
だから一升瓶なんて入れては駄目です。
めがねもよろしくない。

デモね、赤いお花をいっぱい入れてあると
骨がピンクに染まるそうですよ。
それってちょっといいかも…

帰宅して娘に「私の時は赤い花入れてよね」と
頼んだのはいうまでも無いことでした。
2004年1月21日(水)  No.132

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00