++yue's Diary++


2005年1月の日記

2005年1月8日(土)
年女
2005年1月25日(火)
それでは、ここでの書き初めです。
一日でいくつかの日記が書けるようで..
gazou
2005年1月26日(水)
日記を書くということ
2005年1月27日(木)
終わった…いや、これからが始まりだ..
年女

明けましておめでとうございます。

今日は、家元での初炉(煎茶なのでこういいます。)実家の母、私、娘のお馴染み3代で参加しました。

思い起こせば昨年は、娘には振袖を着せようと、前日練習してみたら全く話にならなくて、駆け込みおたすけ!ひよこさんにお願いしたのでした。

今年は付け下げなので、まあ着せられるかな?と思い、一人でやってみました。
昨年春から、娘は実家の母のところでお茶のお稽古を始めた(再開)のですが、秋から着物でお稽古しています。そのせいでしょう、着慣れて来たこともあって割合簡単に着付けが出来ました。

そして、若い娘の着物の大難関は「帯結び」!


どうですか?なんとか様になっていますか?
ひよこさん,ありがとうございます。
昨年教えていただいた「宝結び」成功です!

娘をおもちの皆様に教えて差し上げたい!
これ、本当に簡単で華やかで、着ている本人も疲れない結び方です。
こんなに大きく花のように広げると背中からはなれそうで形が崩れやすくなるものですが、これは、帯枕や飾り紐の扱いがよく考えてあって背中にぴったりと張り付いてくれるのです。

さて、お席を待つ間、展示してあるお道具から、古染付けの茶碗と、娘が「黄色い鳥さんがかわいい」という茶碗と、急須、盆巾入れ、袱紗などを買いました。
今年はお茶席を開こうかとひそかに思っている実家の母は、買い物にも力が入っています。

初炉のお席のお楽しみ、籤で娘はなんと一番いい色紙を当てました。
それと申請していたお免状も貰って、なんだか大当たりの年女です。

ちなみにお免状は「奥伝」なので、名前がつきました。
娘は「間衣堂 清風」ダソウです。
私は「山雲堂 松渓」なんですが、実家の母が「間衣堂 松柳」です。
これは,お茶の世界での名前ですから、私はお茶会で芳名録に書く時は「y○○○ 松渓」と書きます。娘は今まで本名でしたが、これからは「y○○○ 清風」ということです。
また、堂号とは、庵などの名前です。自分のお茶室などにかけます。
って…え?え〜?
…おい!堂号、一代抜かしてる!
2005年1月8日(土)  No.154

それでは、ここでの書き初めです。
日記というのは、日々の流れの中で
「あ!」と思ったことを書き留めるものなのかな。
何かお知らせしたいことがあると、書きたくなりますよね。
2005年1月25日(火)  No.1

一日でいくつかの日記が書けるようです。
といっても書くことはほとんどない。
昨日今日と新しい日記の設置で一日パソ前です。
ブラウザのFTPアップロードがちゃんと働くので
パーミッションの変更もこれで出来ます。
ああ、よかった。
新しいソフトを買わなくても大丈夫ってこと。
2005年1月25日(火)  No.2

gazou
test
2005年1月25日(火)  No.3

日記を書くということ
今日は一日、古い日記帳からこちらへ
内容の移動を延々と行っていた。
何せこれが4代目なのだから
違う3つの日記帳があるということで
それぞれサーバーの違う所からgetして
画像をリサイズして文章をコピーして新しいページに書き写す。

実際の日記を書き写すのに,かなり似ている。
一日で何日分の日記を書いたのだろう。
昔は今よりもっとかっかしてたな〜なんて思った。
2001年から2005年まで、
何のことはない、まるでダイジェスト版で自分の人生を読んだような気がした。
2005年1月26日(水)  No.106

終わった…いや、これからが始まりだ。
ようやく、古い日記からの書き換えが終了いたしました。
ふぅ〜〜〜っ!

これで安心!ナノではなく
これから始まるんでした。
でも,今日はこれでおやすみなさい。
2005年1月27日(木)  No.155

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00