++yue's Diary++


2006年3月の日記

2006年3月23日(木)
卒業式
卒業式
今日は娘の卒業式。
ひよこさんに早朝から袴を着付けてもらった娘とともに大学へ。
このトンネルを通ることも
これからはほとんど無くなるだろうな…なんて思うと
4年間アッシーにこき使われた母のはずが
しみじみと寂しさが募ります。

本当は私としては、大学の卒業式に親が付いていくなんて
恥ずかしい…と思っていたんですが
行ってみると、まあ、今時の親御さんはご夫婦で!
おばあちゃままで御同席!
お母様のお着物姿も多いこと。

すっかり後ろめたさがあとをひそめた所で
娘を探しました。いたいた!
お友達と嬉しそうです。
今回の着物は、実は実家の母の嫁入り衣装の黒振袖です。
母も戦後のあのものの無い時期、他の方の黒振袖をいただいたのだそうで
この着物は大正末期〜昭和初期あたりのものらしいです。
まさか80年近く後に、大学の卒業式に着られることになるとは
誰も考えもしなかったことでしょう。
ひよこさんの着付けで、まったく平成の大学生にぴったりの雰囲気です。

この後、夜の謝恩会では、司会をすることになっていたので
振袖として帯を結んでいただきました。(2度もお世話になりました。)
この帯はひよこさんがお持ちだったお母様?のもの。
立派な丸帯を仕立て直された見事な帯で、
黒振袖の雰囲気にぴったり!格がぐっとあがりました。

母は、娘の学生生活最後の卒業式ということで、
ぐっと来るもののあった今日でしたが
本人は、目白押しの予定を夢中でこなしていくだけでいっぱい!
今、(夜9時)まだ謝恩会から帰って来ませ〜ん。
おいっ!着物傷ますなよ〜〜。

2006年3月23日(木)  No.173

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00