++yue's Diary++


2006年12月の日記

2006年12月27日(水)
この年末はいったい…!
この年末はいったい…!
隣に住む旦那の両親、
89才と82才の二人に介護の手が要るようになってしまいました。
元々、心臓が悪い義父の栄養管理と言う事で
昨年末から私が食事を作って一緒に食べていたのですが、
12月初めに突然の下血。救急車で入院し、診断は「虚血性大腸炎」

この病気自体は深刻なものではなかったので、
年齢相応にゆっくり回復するのを待つ…ということで
毎日義母と病院へ通っていたところ
2週間目に義父がまた下血、また元の木阿弥になってしまったその日!
義母が座れず歩けない状態になってしまいました。

原因を整形外科、脳外科、内科と検査してみましたが
全く問題なく、とにかくお尻と腿の裏側が痛む事の理由がわかりません。
メンタルな部分かも…
(アルプスの少女ハイジのクララ?)

入院で留守の義父の電動ベッドに寝かせ、ポータブルトイレで用を足す訳ですが
トイレまでの移動に抱き起こし抱えなければ動けません。
1週間旦那の姉が手伝いに来てくれていましたが
義姉が帰宅したその時間から、なんとトイレの頻度が上昇。
1時間に一度というトイレ介助が延々と続いています。

夕食後は誰かが側についていて、0時まで母屋で過ごし
夜中の0時から朝までは、隣のベッドに私か孫娘が寝て夜中の介助をします。
今は孫息子が帰省しているので、日中のヘルパーさんの狭間をカバーしてくれますが
年明けて、彼が学校へ戻ったらいったいどうすれば良いのか…途方に暮れているところ。
なにせ、義父の食事介助にもいかねばなかなか食べないのです。
自分がダブルで欲しい〜〜!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな凄い事になっていると言うのに!
我ながらあきれる現状逃避!
先日終わったばかりの月9ドラマ「のだめカンタービレ」にはまってます。
コミックスを全巻大人買いしたいところですが、
このブームのタイミングで買いに走るという事に一抹の恥じらいがあるもんで…
でも、それでストレス発散してるんだから、良いじゃん!と開き直りさ( ̄∇ ̄*)ゞ

画像は、義父がMRIを撮りに病室から検査室へいった時のストレッチャー。
横のパーツがなんだか顔に見えて、ケータイでぱちり!
2006年12月27日(水)  No.179

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00