++yue's Diary++


2007年1月の日記

2007年1月27日(土)
その後の介護生活
その後の介護生活
前回の日記から約一ヶ月
義父はまだ入院中ですが、腸炎は一応収まっているようです。
原因を解明する検査が必要なのですが、高齢のためその検査がダメージを与える可能性があり、どうするべきか判断に迷っています。
とはいえ約2ヶ月歩いていないベッド生活。
今帰って、在宅でどのような生活になるのかまったく想定できません。

義母の方は、年末別の整形外科受診で「脊椎狭窄」がわかり
治療の注射が効いたようで、痛みが少なくなって
一人でなんとかトイレに行けるまでに回復。

最初は介護者の首に抱きつかせて向かい合わせで(ハグのまま)歩かせていましたが
その後、介護者が脇からソシアルダンスのように支えて歩かせる…になり
今は片手を支えればよいフォークダンス風。

今は週2回のデイサービスでお風呂に入れてもらい
遊んで帰ってきます。
といってもそのとき以外の三度の食事は私のかかり。
義父の病院と買い物で数時間空けると
「帰ってくるのを待つのは長いねぇ〜」と
寂しそうな笑顔で迎えてくれるので飛んで帰るようになりました。

今回の騒ぎで、旦那の姉弟、実家の兄嫁と姪の一斉の協力は本当にありがたかったです。
旦那の姉弟は、姉が2週間、弟は1週間、母に付添っていてくれました。
それとうちの娘と息子、おばあちゃんのおしもの世話を文句一つ言わずしてくれました。
娘はともかく息子はどうかと思いましたが、あの子しかいない時間ができ問答無用だったのですが、平然とこなしてくれたのには驚きました。(ハグ歩きも上手)

ということで姉(名古屋)も弟(神奈川)も息子(名古屋)もいない今、
24時間、私は母屋に寄宿状態。
うとうとしている母の向かいに坐ってパソコンに向かう毎日。

これで最初にやった事って何だと思います?
1、Air Macの購入、我が家のパソコンをすべて無線LANに。
2、2台目のDVDプレーヤーの購入、母屋でDVD三昧。のだめとポワロです。
3、アルミの丸のガーデンテーブルを母屋の台所へ。

3番はつまり、いよいよ母屋の台所を私仕様にカスタマイズし始めたと言う事。
13年前のここの改装時、私が図面をいろいろ引いたんですが
どうしても義母仕様ということで、どこか人ごとだったんだなあと
今更ながら、自分の詰めの甘さに悔しい思いをしています。

我が家と母屋を渡り廊下で連結する計画も進行中で
これで、義父が帰宅したら、私は自分のベッドで眠れる…はず。

でもね、この広さは私のキャパを超えてる。
我が家だけでも掃除が行き届かなかったのに、倍になっては!
どうしたら良いんだか、ま、自分はホコリを見ない事にしてますけど。
朝、ファンヒーターを点けるとふぅーっと綿ほこりが床を滑っていく…
やっぱり、ポカッ(._+ )☆\(-.-メ) ォィォィこれっていかんだろ!
2007年1月27日(土)  No.180

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.00