着装方法

1.  着物を着て、伊達締めをしたら、
セットした帯の帯揚げと帯枕の紐を一緒に左右に持ち
後ろにまわす。

2. 一気に背中にあげて、帯揚げと帯枕の紐を一緒に
前の襟元(のどの下あたり)で結ぶ。
*しっかり上に結ぶ事。

3. 前帯び部分を体に巻き付けて行く。
前の部分には帯板を差し込んで巻き付ける。

4. 前帯の端は、お太鼓の下に差し込み
左手でお太鼓の下を持ち、右手で前帯の端の輪の部分に指をかけて
しっかり締める。

5. 両脇を締めておいて、帯締めで結ぶ。
このとき帯にしわが寄ったら、左に寄せるようにしてしわを伸ばす。
お太鼓の下の輪に右手をかけてもう一締めすると良い。

6.  これで帯はもう固定している。洗濯バサミを外しておく。

7. 仮に結んでいた帯揚げを解き、帯枕の紐をしっかり締め直す。
紐は帯板の上にかけるようにぐっと押し込んでおく。

8. 帯揚げを脇までしっかり解き戻し、幅を4等分に折り畳む。
左は右のバスト前のところで折り返して、折り返した分をくるくると捻って
表の部分でくるむようにして右寄りに帯に差し込む。
右の帯揚げも同様にしてきれいな山を作って帯に差しこむ。

9. 帯締めをきれいに結ぶには次ページ参照。